1. HOME
  2. ブログ
  3. WORK
  4. 大丈夫恐くない!!電磁波のおはなし

BLOG

ブログ

WORK

大丈夫恐くない!!電磁波のおはなし

さて、電磁波と聞いてどういったことを思い浮かべるでしょうか?
電磁波と言っても様々で、基本的には波のことを指しています。

例として目に見える可視光線やテレビやスマホの電波なども電磁波の一種です。また紫外線やレントゲンなどに使われるX線・手術などにも使われるガンマ線なども電磁波の一種です。

このように電磁波は多種多様な種類があります。しかし、すべての電磁波に関して私どもが説明することもできませんし、あまり意味がないので詳細は専門家に譲るとして、今回のテーマである

”健康被害をもたらす可能性のある電磁波”

こひらについてお話させていただければと思います。

実際のところこれらは2種類の波の説明になります。

  • 高周波の電磁波
  • 低周波の電磁波

電磁波のイメージ写真(高圧線)

よく忌避される物件として高圧線の下があります。しかし、実際に測定してみると大きな電磁波(電場・磁場)が小さいケースもあります。むしろ家電などから出ている電磁波(電場・磁場)の方の影響が大きい場合が多々あります。こればかりは実際に計測してみないと何とも言えない部分です。

電磁波は波長の長さによって、分類できます

電磁波とは、実際下記のことを指します。

電気と磁気の性質をもつものが伝わる波
電 場 電気の影響が及ぶ範囲
磁 場 磁気が伝わる範囲

これら電場・磁場が影響しあい波として伝わるものこそ電磁波です。電磁波には様々な種類がありますが、波の周波数・波長によって性質が異なります。

  1. 電波(テレビやPC、スマホ等から発生)
  2. 赤外線
  3. 可視光線
  4. 紫外線
  5. 電離放射線(エックス線やガンマ線など)
https://slidesplayer.net/slide/11724554/

電磁波の種類を波長が長い方から並べました。周波数は表のようにはっきりと分かれておらず、隣の区分と重なっているところもあります。この表ではおおまかにけてあります。

赤外線から紫外線については、一般的にイメージしている電磁波とは異なります。また、健康被害という観点で見れば問題はなさそうですので、あえては解説しません。また、離放射線については、別の機会に解説します。今回は電波の部分から考察してみましょう。

いわゆる電磁波は電波の部分で、高周波と低周波にわかれます。

  • 高周波 電磁波は携帯電話の電波や無線LANの電波
  • 低周波 家電製品や住宅への電気の引き込み線などから発生する電波

携帯電話の電波や無線LANの電波は高周波の電磁波です。こちらについては無害ではありません。しかし対策を立てることで生活上の不便や住心地を損なうことが多々あるため、弊社ではあえて対策しないというスタンスを持っています。

低周波については健康被害を引き起こす可能性があります

高周波については、それほど大きな問題はないだろうと言われています。しかし、気になるのであれば下記にて解説しておりますのでご参考にしてみてください。

今回電磁波についての解説をさせて頂いたのは、

  • 世間一般で色々な誤解があること
  • その誤解のせいか怪しい商品が出回っていること

これらのことから正しい情報を知ったうえで、対処方法を決めてほしいからです。

電磁波対策でよくある失敗例

  • 効果が全くないもの
  • 効果が薄いもの
  • 悪影響を与えるもの

このような商品を購入・使用しないためにも、極力正しい知識を得て、観測値を使った科学的な視点から解説をしてみたいと思います。

物件探しの際も、無駄な対策を取ることで必要ない費用をかけたりといったこともあり得ます。
危険を避けるには、対策が必要ではありますが、あくまで正しい知識を得て、意義のある対策をすることです。
このページにて意義のある対策のための参考になればと思います。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事